安いドックフード危険?フードの原材料と価格の関係

 

ドックフードには様々な種類があり、かなり安いものからとても高いフードまでいろいろありますよね。

 

基本的にはショップで売られている比較的安いドックフードを購入している飼い主さんが多いのではないでしょうか?

 

安いのはいいことですが、そのドックフードに含まれている原材料をきちんと確認する必要があります。

 

価格が安いのは非常に助かりますが、安いドックフードの原材料には粗悪な原材料な使用されていることがあります。

 

ただ、ワンちゃんの体に悪い原材料が使用されていたとしても、どれも基準値を満たしているのでそれらを摂取したとしてもすぐ体に悪影響が出てくるわけでもありません。

 

しかし、犬の体に悪いと言われる原材料をずっと摂ることで健康を害する可能性も少なからずあるのでなるべく原材料のチェックは必要です。

 

そこで今回は安いドックフードに含まれている危険と言われている原材料をピックアップしてみたので参考にして頂ければと思います。

 

激安フードに含まれている粗悪な原材料って?

肉(ミール)

肉粉や○○ミール、ミートミールなどと原材料の項目に書いてあるフードが多く売られています。これは毛や爪、血液、胃腸などを精製して脂肪を除いたものです。

 

しかし、ラム肉や鶏肉などと表記されている場合は、汚染されていない動物からとっている肉のことなので、このように肉の名前がきちんと表記されているドックフードを選ぶことが大切です。

 

副産物

○○副産物と書いてあるドックフードも質の悪い原材料です。肉副産物とは新鮮な肉自体ではなく、動物の肝臓や腎臓、血液、肺、腸などを含んでいるものです。

 

○○の副産物と表記しているものはできるだけ避けた方がいいでしょう。

 

穀物

トウモロコシや大麦、小麦などの穀物は身体に悪いと言うわけではありませんが、栄養価が低いので穀物が主原料のフードはあまりおすすめできません。

 

あと穀物は犬アレルギーを引き起こしやすいとも言われているので、もしドックフードを選ぶ時は、穀物ではなく肉が主原料のものを選ぶのがおすすめです。

 

添加物

安いドックフードには添加物が多く含まれています。例えば保存料や、酸化防腐剤、着色料などです。

 

このような添加物が体に蓄積してくると、涙やけの悪化、アレルギーや便秘、毛並みが悪くなってしまう可能性もあります。添加物の中には発がん性のあるものまであるのでなるべく無添加のドックフードがおすすめです。

 

このように、価格が安いドックフードには愛犬の健康に良くないとされている原材料が使用されている場合が多いので、原材料と価格を確認しながらドックフードを選んでいきましょう^^